FORYOUの賃貸マンション管理は「ここ」が違います!!


待っているだけでは入居率は変わりません。様々な対策をとって入居率を高めることが出来ます。
1入居者が住みたい!と思う物件づくり
2長く住んでもらえるための管理
3迅速かつ的確な新規入居者の獲得
退去を減らすためには、ご入居者様満足度の向上を図る必要があります。しかし、賃貸物件の場合は、転勤、卒業などにより一定の退去は必ずあります。高い入居率を維持するためには、いかに新規の入居者を獲得するかは非常に重要な問題です。
当社では、具体的には以下の3つの要素で新規入居者を獲得し、入居率を高めています。
 

 

 

電話
当社のネットワークから仲介店舗の仲介営業マンに空室についての客付け依頼を行っていきます。
FAX
定期的に空室のあるエリアの仲介店舗に一斉に募集図面をFAXおよびメールします。
訪問
日々リーシング担当が仲介店舗を回って客付け依頼をするとともに、決まらない物件についてのヒアリングを行い、原因を突き止める活動を行っています。
レインズなど
毎日更新していくことで、仲介店舗への認知度を高めていきます。地道な作業ですが非常に大切な作業です。


▶的確なマーケット状況把握
現場の仲介営業マンからマーケット(賃料相場、求められる設備など)を的確に把握する
ヒアリング活動を行うことで的確な情報をオーナー様にお伝えし、オーナー様の利益を最大化するための募集活動を実践しています。
 
 
 
▶仲介営業マンとの人間関係の構築
訪問において重要なのが、仲介営業マンとの人間関係の構築になります。
仲介営業マンも人間ですから、親密な人間の物件に入居者を紹介したいと思うのは当然です。当社では、各エリアの優秀な仲介営業マンとの人間関係を構築することを重要視しています。その結果、優先的に入居者を紹介してもらえる仕組みを構築できております。インターネットが発達した今日においても最後は仲介店舗の仲介営業マンが勧める物件かどうかで成約率が大きく変わります。
 
▶︎魅力的な部屋づくり
幅広く販促して仲介営業マンが勧めてくれても最終的に決めるのは入居者の方です。
部屋が汚かったり、見栄えが悪ければいくら勧められても決めることはないでしょう。
そこで、入居者が決めやすい魅力的な部屋づくりが必要になります。決まりやすい部屋を作ることで、仲介営業マンも安心して推薦することができます。


弊社では、毎月1回(20日)オーナー様へ月次報告レポートをご提出させていただいております。一般的には賃料の回収状況、修繕費等の控除額、オーナー様への送金額だけが記載された”A4用紙1枚”の清算書のみが提出される事が多いのが実情です。

このような場合、オーナー様はご自身所有の物件であるにもかかわらず、大まかな内容しか把握する事ができません。管理会社に任せているとはいえ、マンションはオーナー様の大切な資産です。だからこそ、細かいところまで把握していただきたいと考えております。

弊社が提出するPMレポートには、一般的な賃料の明細や控除額の明細だけではなく、クレーム状況や契約の進捗状況、滞納者の督促状況や各案件の進捗状況等を記載しておりますので、細やかな状況を把握して頂く事ができます。

お部屋さがしや不動産売買&管理など不動産関連お任せください。
インターネットや携帯も当社のスタッフがあなたにあったプランを提案させて頂きます。

LINE@ID @hob8802s